スペシャルコンテンツ

SPECIAL CONTENTS HISTORY ハッピーハウスの歩み

創業 昭和58年に上村建設の不動産管理課として発足

ハッピーハウスは、昭和58年3月に上村建設株式会社の不動産管理課として発足しました。東店(現吉塚店)開設を皮切りに年々、店舗数は増加。そして平成8年8月、上村建設より分離独立を果たし、ハッピーハウス株式会社が設立されました。「夢を守り、未来を育てる」事業を通して、最適な生活環境を総合的に提供できる企業へ。地元福岡県に根ざした事業を展開し、地域の方々とともに歩み、着実に成長をとげていきます。

企業の成長 賃貸物件の管理業として30年の実績。
九州でトップクラスの地位獲得へ

創業以来、オーナー様からお預かりする管理物件数は増え続け、平成29年には2万7000戸を突破しました。賃貸物件の管理業として30年を迎えた現在では、1,400名を超えるオーナー様とのお取引があり、年間の集金金額も220億円を突破しています。社員一人ひとりが、入居者様やオーナー様と真摯に向きあい、日々努力を惜しまないことが、九州でトップクラスといわれる評価を頂けることにつながっています。

管理第一号の物件

手がけたマンション建設の紹介 私たちの強み つくる不動産ハッピーハウス

ハッピーハウスは、グループ会社の上村建設との強い連携を活かし、賃貸物件の管理だけでなく、よりよいお部屋づくりのために設計段階から関わることで、「つくる不動産」を実践している会社です。また、建物のメンテナンス、お部屋のリノベーションの提案にも積極的に取組み、時代のニーズにマッチした住まいの提供を常に心掛けています。最近では、分譲マンション事業やオーナー様へのコンサルティング業務等、不動産管理業の枠を超えた新たなる分野に挑戦しています。※手がけた分譲マンション:ネオグレイス吉塚

ENTRY

リクナビから、エントリーをお願いします。
ハッピーハウスの次世代を支える若い力のご応募、お待ちしております。