ハッピーハウスについて

COMPANY ABOUT ハッピーハウスについて

不動産業界とは?

私たちの暮らしを支える不動産業界

土地や建物の事を「不動産」と呼び、私たちの暮らしに欠かせない産業です。
不動産の仕事は多岐に渡り、業務内容によっては
専門的な知識や資格(宅地建物取引士など)が必要な場合もあります。
不動産の事業について、以下の4つのカテゴリーに分けてご紹介します。

1 不動産開発

開発業者のことを一般的に「ディベロッパー」とも呼びます。建設を予定する土地には何の施設がマッチするのか、近隣の状況を見極め、マンションやオフィスビル、商業施設、分譲マンションなど適切な企画提案を行い、設計から施工までのプロジェクトを進めます。

2 不動産仲介

土地やマンション・アパートなど不動産の賃貸や売買の際に、オーナー様と物件を探す個人や企業様の仲介に入り、ベストマッチした双方を見つけ出し、賃貸や売買の成約につなげる役目を担います。

3 不動産管理

建物の家賃集金や退居時の費用精算、空室募集活動などをオーナー様から委託されて行います。建物の状態維持や競争力を向上し価値を高めるため、設備のメンテナンス、清掃、リノベーション提案なども行います。入居者様の要望・質問にオーナー様の代わりに対応し、快適な暮らしを提供します。

4 不動産ソリューション

不動産の有効活用や不動産投資、節税対策や資産相続など、オーナー様が不安と思われる事を解決するために、収益性やリスク、税金面などあらゆる角度からコンサルティングします。

わたしたちについて

昭和58年に上村建設の不動産管理課として発足し、
賃貸物件の管理業として30年の実績

関連グループ会社「上村建設」との強い連携プレーで、建物の長期メンテナンスや、分譲マンションの発注・施工等、他社には無い事業を展開しています。オーナー様から建物をお預かりして管理することが主たる事業です。地域の方々の厚い信頼をいただきながら、着実に実績を伸ばしています。1,400名を超えるオーナー様にお取引いただき、賃貸住宅の管理戸数は27,000戸を超え、年間の集金金額も200億円を突破。オーナー様・入居者様へのサービスという業務基盤を軸に、広い視野で、独立独歩の事業を展開し、あらゆるお客様の生活シーンに適した提案ができる企業を目指しています。

ハッピーハウスの実績 1

毎年、オーナー様からお預かりする管理物件数は右肩上がりに増え続けています。お預かりする管理物件数の増加=「管理手数料の増加」に繋がり、安定した収入が確保出来ています。

ハッピーハウスの実績 2

ハッピーハウスが管理する物件の入居率は、96%前後の高い実績をキープし続けています。高い入居率によりオーナー様から厚い信頼を頂き、管理依頼(管理物件)の増加=会社の売上増加に繋がります。(全国の入居率:81.0%、福岡県の入居率:81.1% いずれもHOME'Sより)

ENTRY

リクナビから、エントリーをお願いします。
ハッピーハウスの次世代を支える若い力のご応募、お待ちしております。