NISHIDA MANABU

西田 学

役職 店長 入社歴 14年目

社員が不安なく仕事に取り組めるよう勉強会を深化させる

現在の仕事内容

店全体の売上げや目標に対する進捗管理と売買案件の対応が主ですが、もう1つ重要な仕事としてスタッフの管理があります。悩みを抱えていないか体調面の変化にも気を配っています。また、人材育成も重要な仕事でスタッフのスキルアップの為、定期的な勉強会を店舗内で実施しています。

現在の職種の魅力

店長になってから人を育てる難しさを実感しています。一人ひとり理解するスピードも違いますし、アプローチの仕方も変わってくるので、悩みながら試行錯誤を繰り返しています。しかし、そこで学んだ人達が成長する姿を見るのは楽しみですし、魅力の一つです。

仕事の『難しいこと、やりがい、面白さ』

個々人の動きを見ながら、店舗全体を見るというのは非常に大変で難しいですが、それぞれの目標が達成出来るように、向かうべき方向を示し、それが目標達成に繋がった時の喜びは大きいですし、やりがいを感じます。

忘れられない仕事のエピソード

入社して1ヶ月後に西方沖地震が発生し、とにかく事務所の電話が鳴りっぱなしで、まだ何も分からないままカメラを片手にとりあえず入居者宅や現地の状況確認で走りまわりました。ただ知識や経験も無いので、現地確認だけで応急対応など何も出来なかった苦い経験があります。

入社のキッカケ

自分が部屋探しをした時の不動産会社の人の対応が良く、不動産会社に興味を持ち始め、さらに兄が設備工事の仕事をしており、その仕事を手伝った時に家を造る現場を見て興味が深まりました。「不動産会社」と「造る」をキーワードとして転職先を探していた時にハッピーハウスを見つけました。

入社前後のギャップ

会社のギャップというよりか自分自身のギャップがありました。実は、以前勤めていた会社では構造設計や図面を描いたりしていた技術職だったので、妻からは営業は無理だろうと思われていましたし、自分でも苦手分野だと思っていました。しかし意外にも入社して営業の仕事に携わってみて苦手では無く、苦手だと思い込んでいた事に気付いたのです。

今後こんな仕事がしたい

色々な不安を抱えたまま仕事をしている社員は少なからず居るだろうと思います。知識不足や経験不足、いまさら他の人に聞けないなど、そんな人達が不安なく仕事に取り組めるよう勉強会を深化させ、お客様の期待以上に応えられる人材を育成していく事が目標。

ハッピーハウスはこんな会社

ありきたりな言葉ですけど本当にアットホームな会社だと思います。会社なので当然上下関係などありますが、非常に話し易い雰囲気で上司とも冗談を言い合えるそんな関係です。また、働き方改革も進んでおり、みんなが働きやすい環境や職場にしようと会社全体で取り組んでいます。

こんな社員が入社してほしい

元気で好奇心旺盛な人。色んな事に疑問を持てる人。

この仕事に向いている人はどんな人

家や間取り図を見るのが好き、人と話すのが好きっていう人はもちろんですが、色々な事に気付く事が出来る人は向いていると思います。気付くって非常に重要で、そこから色々な事に発展させられる可能性を秘めていて優れた能力だと思います。

関わった案件例

オーナー様向けの定期セミナーで講師を担当した事があり、その時は緊張し過ぎて、持ち時間をかなりオーバーしてしまいました。その数年後、別のセミナーで講師をする機会があったのでリベンジとしてチャレンジし、あまり緊張せずに話しも出来て無事時間内に終える事が出来ました。

就活生へメッセージ

自分自身で苦手だと思っている事が、いざやってみると意外と苦手じゃなかったり、もしかしたら得意だったりする事もあります。考える事も大事ですが、行動する事で色んな可能性が発見出来るので是非、アルバイトやインターンシップなど様々な体験を通して自分の可能性を広げて下さい。

ある一日のスケジュール

ENTRY

リクナビから、エントリーをお願いします。
ハッピーハウスの次世代を支える若い力のご応募、お待ちしております。